大学 一目惚れ 話しかけるきっかけ アプローチ

大学内で一目惚れをしてしまいました。話しかけるきっかけを作りたくてアプローチ方法で悩んでいます

 

大学内一目惚れ

同じ学年で同じクラスならまだしも、

一目惚れした相手の学年や学部さえわからないこともある大学内での一目惚れ。

わかっている唯一のことは、同じ大学であることだけ。

そんな一目惚れ、ありますよね。

 

いったい、どうやって話しかけるきっかけを作ればいいんだろう

 

って悩みますよね。

そこで今回は「大学で一目惚れをした場合の話しかけるきっかけ作りのアプローチ方」をあなたにお伝え。

少しでもあなたのお役に立てれれば嬉しいです。

大学で一目惚れ。話しかけるきっかけ

あなたの存在を知ってもらうことがまず最初

アプローチ方法の前段階として、とても大切なのがあなたの存在を知ってもらうこと。

よく見る人程度でいいんです。

大学一目惚れをした相手からしたら「名前は知らないけどよく見る人」程度で最初はいいのです。

大切なことなのでもう1度お伝えすると、まずはあなたという存在をまず知ってもらうこと!

そして、次にアプローチ

話しかけるきっかけ:4つのアプローチ方

履修している授業を聴講する

もし、履修している授業がわかれば、聴講しましょう。

100名以上の大講義室で行われる講義がオススメ。

大講義室内でアプローチをしていきましょう。

(テクニックは、コチラの記事でお伝えしておりますのでご参考くださいね。)

サークル活動へ遊びに行く

一目惚れ相手のサークルが分かるならば、そのサークルへ遊びに行ってアプローチを試みてましょう。

大学のサークルという限られた人数でのコミュニティに入ることで、相手も心を開き、話しかければ話題も膨らむでしょう。

相手を知っている人を探す、作る

大学内で一目惚れ相手を知っている人を探し、あなたとの間に入ってもらえるのはとてもスムーズに行くパターンのアプローチ方法。

紹介してもらえるかもしれないので、直接アタックするのが恥ずかしい人にはオススメです。

学食で近くに座る

意外にも、チャンスがあるのが大学の学食です。

混み合っている時間帯なら一目惚れ相手の隣に座ることさえ出来るかもしれません。

 

うるさくしてごめんなさい!

 

など気軽に声をかけつつアプローチできるので、少し勇気を出すだけでお話しできてしまいますよ。

まとめ

・履修している授業を聴講する。
・サークル活動へ遊びに行く。
・共通の友達を探す、作る。
・学食で近くに座る。

 

いかがでしたでしょうか?

大学で一目惚れしたときのアプローチ方法。

少しでも参考になっていたら嬉しいです。

まずは、あなたの存在を認知させてからアプローチをスタート。

できれば、数を多くのあなたの顔を一目惚れ相手の目に入れる

そして、アプローチを重ねて行きましょう。

その後はあなた自身の気持ちに素直に積極的に動く方が、相手の気持ちを引き寄せるのに近道だと感じますよ。

 

~コチラの記事も続けて読まれています~