バラの花言葉は本数によって意味が違うって本当?

お花を贈られた経験はありませんか?

お花は贈られた人のことも、贈った人のことも、幸せな気持ちにしてくれますよね。

特に、男性から花束を贈られたとき。

しかもその花の中には、特別な意味が込められたものもあります。

なかでもバラは特殊です。

それまで意識していなかった相手でも、何か意味があるのではないかと気になってしまう花の代表ではないでしょうか。

もらったバラの花束の意味が気になってしまったあなた。

今回はバラ自体の持つ意味や、本数の違いによる意味をお伝えしようと思います。

バラの花言葉と、バラを贈る理由


バラそのものの花言葉は、「愛」や「美」です。

バラは、色の違いによって、さらに細かく意味が分かれます。

 

「赤」・・・あなたを愛しています、愛 、美 、情熱、熱烈な恋

「白」・・・純潔、私はあなたにふさわしい、深い尊敬

「ピンク」・・・しとやか、上品、感銘

「青」・・・夢がかなう、不可能、奇跡、神の祝福

「黄色」・・・愛情の薄らぎ、嫉妬、友情

バラの花言葉は「愛や美」ですが、本来持つ意味が色によって、少しずつ変わってきます。

バラを贈るのは「バラが好きな花だから」「アクセントになるから」といった単純な理由から、

「ある思いを伝えたい」といった深い意味を込めることもあるでしょう。

色の違いでバラを選んでみるのも良さそうですね。

バラの本数と意味


バラは色だけではなく、花束にする本数によっても意味が変わってきます。

本数で、「愛や美」に限らずものすごく意味が細かく分かれてくるんですよ。

今回は代表的な意味をお伝えします。

 

1本・・・一目惚れ、私にはあなたしかいない

2本・・・この世界にふたりだけ

3本・・・愛している、告白

4本・・・死ぬまで私の愛は変わらない

5本・・・あなたに出会えて私は本当に嬉しい

6本・・・あなたに夢中、お互いに敬い愛し分かち合おう

7本・・・ひそやかな愛

8本・・・思いやりに感謝している

9本・・・いつもあなたを想っている、 いつも一緒に居て欲しい

10本 ・・・あなたは完璧、可愛い人

11本・・・ 最愛の人

12本・・・ 私と付き合って欲しい、日ごとに強まる愛、妻になって欲しい

13本・・・永遠の友情

14本・・・誇りに思う

15本・・・ごめん

16本・・・ころころ変わる不安な愛

17本・・・絶望的な愛

18本・・・誠実、誠意のある告白

19本・・・忍耐と期待

20本・・・真心あるのみ、私のひとひらの愛

21本・・・真実の愛、あなたに尽くす

22本・・・あなたの幸運を祈る

24本・・・24時間あなたを想っている

25本・・・あなたの幸せを祈っている

30本・・・ご縁を信じている

33本・・・生まれ変わってもあなたを愛する

36本・・・覚えている、ロマンチック

40本・・・真実の愛を誓う、死ぬまで変わらない愛

44本・・・出会い、変わらない愛を信じる

50本・・・永遠、偶然の出会い

88本・・・フォローに注意しなさい

99本・・・永遠の愛、長年の想い、ずっと一緒に居て欲しい

100本・・・100%の愛

101本・・・これ以上ないほど愛している

108本・・・結婚して欲しい

144本・・・何度生まれ変わってもあなたが好き

365本・・・あなたが毎日恋しい、決して忘れることのない愛

999本・・・何度生まれ変わっても愛するのはあなた

1000本・・・1万年の愛を誓う

1001本・・・永遠に

こんなに意味があるのですね!!

どの色のバラと、何本のバラにするかによって、意味はもっと多様になります。

本数によっては恋愛を対象にしていないものや、マイナスの意味を表すものもあります。

しかし贈る相手や、他の花などとの組み合わせを考えることで、意味があるものになることもあります。

1本のバラは、一目惚れから始まる恋を意味しているかもしれません。

よく目にするテレビドラマや、マンガのプロポーズのシチュエーション。

なぜバラの花束が定番なのかが、分かりますよね。

贈られたバラの花束が忘れられない大切な思い出になったときには、

ドライフラワーにしてとっておくこともおすすめです。

贈られたときの鮮やかな色からは少しずつ変化してしまいますが、

日がたつにつれて深みが増していくのを見ていると、

贈ってくれた相手と過ごしてきた時間を愛しく感じられるかもしれません。

最近では、プリザーブドフラワーを贈る人も居るようです。

プリザーブドフラワーは、ある程度の期間は贈られたときの鮮やかさが保たれるので、

見るたびに素敵な時間が思い出されそうですね。

バラを贈るとき、贈られたとき、少し意味を考えてみましょう


花には深い意味があるのですね。

誰かに花束を贈ろうと思ったとき、花自体の持つ意味、色や本数の持つ意味を立ち止まって考えてみると良いでしょう。

受け取った相手が意味を考えることがなかったとしても、さりげない気遣いができれば贈り物にも深みが増します。

恋愛において、バラの花はさまざまな場面で登場する可能性があります。

相手との現状を踏まえて、なぜその色の、その本数のバラの花なのかを考えてみると、

相手との関わり方にも変化が生まれるかもしれません。

相手があなたに伝えたい想いがあるのです。

バラから始まる恋や、バラから始まる新しい人生を是非楽しんでください。

バラだけに、バラ色の人生が待っていますよ!